SWITCH T

Profile

世の中には実にさまざまな製品とサービスがあります。

製品やサービスとは、ブランド独自の理念、理想、アイディア、そして行動が「かたち」
になって現れたものであり、ブランドの価値観やブランドそのものを体現していると
いえます。

製品やサービスについて伝えるための言葉やその表現は、その「かたち」の一部としてブランドとその価値観を体現する要素となります。

製品やサービスの内容が優れていれば、「言葉が無くてもなおざりにしていても消費者は
分かってくれる」とは必ずしも言えません。言葉やその表現は製品やサービスの一部として、その「かたち」になんらかの影響を与えています。消費者は意識していようがいまいが、その総合的な「かたち」を通してブランドやその価値観を評価していると考えたほうがいいでしょう。

もし消費者がその「かたち」に違和感を感じたなら、製品やサービスを選ばない可能性もあります。消費者は多くの場合、製品やサービスを利用するだけではなく、それらを使うことでさらに豊かなライフスタイルを楽しみたいと心のどこかで望んでいるからです。

消費者は様々な媒体を通して「かたち」の一部を成す言葉やその表現にふれていきます。
1行のキャッチコピーや数ページの記事、プレスリリースやパンフレット、そして雑誌や書籍など実に多岐に渡ります。それらは紙やデジタルだったり、日本語や英語で書かれていたり、翻訳されていたりします。

消費者はそうした媒体の種類を問わず、自分で見て読んで理解できて、受け止めようと思える言葉や表現を頼りに、製品やサービスを利用するかどうかを判断しています。

SWITCH Tは、この事実に真摯に向き合い、日々より良い方法を模索しているブランドを
サポートしています。